エルサルバドル
ロスルチャドレス パカマラ
中煎り

エルサルバドルは中米の国です。お隣はグァテマラやホンジュラスとなり、ホンジュラスからニカラグア、コスタリカ、パナマ、といったかんじで南米につながっていきます。

『パカマラ種』は、ブルボン種の突然変異種の「パカス」(Pacas)と「マラゴジッペ」(Maragogype)をかけあわせた品種で、エルサルバドル特有の品種です。マラゴジッペのように非常に大粒ですが、ゲイシャにも似た素晴らしい香りをもっており、カップオブエクセレンスなどの品評会・オークションでも高い評価を得て近年非常に注目を集めています。しかし、生産量が少なく、希少な品種となっています。

今回のコーヒー豆は標高1350m、エルサルバドル西部サンタアナ火山山ろくのアパネカにあるサン・イシドロ農園で生産されたものです。品種は前述のパカマラでウォッシュドで処理されたものになります。

コーヒーの特徴はフルーティーな香りとローストアーモンドのような味わい、後半から後味まで感じられるグレープフルーツのような酸味です。ホットでももちろん美味しくいただけますがコトリでは夏の間アイスでもおすすめしています。氷で受ける急冷タイプで、より甘味と香りが強調されます。
  • 800円(内税)
豆:100g豆:200g粉:100g粉:200g
規格

規格
豆:100g豆:200g粉:100g粉:200g