エチオピア
イルガチェフ G1 ナチュラル コケ
中煎り

コーヒーを選ぶときに農園や地域の名前を意識し始めると割りと早い段階で出会うのが「イルガチェフ」です。(イルガチェフェ、イルガチェッフェなどと表記されることもあります)。ちょっと変わった名前なので印象に残りやすく覚えやすい名前ではないかと思います。

こちらはエチオピアのイルガチェフェ村にて生産されているコーヒーです。エチオピア南部のアバヤ湖の近くで川と森と湖に囲まれた美しい村だそうです。コーヒーの生産が始まったのは1950年台ということで決して古くから、という生産地ではありませんが、紅茶に似たような特徴的なフレーバーから急速に世界に広まったそうです。人気が出てからも生産エリアを広げることなく限られたエリアで栽培を続けているそうです。

今回はエチオピアでは最も伝統的なナチュラルプロセスで仕上げた豆になります。ウォッシュドでいうことろのG1グレードをナチュラルではG3と表記します。生豆の状態からすでにホワイトチョコレートのような甘い香りが漂い、焙煎後のコーヒー豆はワインのような香りやフローラルな香り、ストロベリーの甘い香りと酸味を味わうことができます。当店ではその香りから女性に非常に人気のあるコーヒー豆です。
  • 950円(内税)
豆:100g豆:200g粉:100g粉:200g
規格

規格
豆:100g豆:200g粉:100g粉:200g